複数のキャッシング会社を比較検討

キャッシングを利用する場合は、銀行系や信販系ではシステムが異なっていますので、サービス内容をしっかりと確認したうえで、利用しましょう。

 

人気カードローンスペック一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日

 

キャッシング会社の属性を理解しよう

 

銀行系

銀行系は、銀行が運営しているので、資金力の面で安定感や安心感があります。モビット、アットローンなどが有名です。銀行系の場合は、総借入年額が年収の3分の1となる総量規制の対象外となるため、審査が通れば高額の融資を受けることができます。

 

消費者金融系

消費者金融系は、お金を貸すだけの業者となります。銀行の名前を出しているアコムやプロミスは、銀行本体とは別で、賃金業法の規制対象となります。

 

信販系

信販系は、クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りることができます。キャッシング枠がカードに付いているので、気軽にキャッシングできますが、高額のキャッシングを利用する場合は、別途審査が必要となります。

 

メリットデメリットは?

銀行系のメリットは、消費者金融系よりも金利が低めとなっている点ですが、融資を受けることができるまでに時間がかかるというデメリットがあります。

 

消費者金融のメリットは、融資実行までの時間が短くて、最短で即日融資を受けることができることです。デメリットは、銀行系よりも金利が高いということです。

 

信販系のメリットは、既にクレジットカードを持っていて、キャッシング枠が利用可能となっていればすぐにキャッシングすることができる点です。ATMで気軽にキャッシングできるので、便利です。デメリットは、金利が高く高額融資を受ける場合は融資実行までに時間がかかる点です。

 

最近では、銀行系でも限度額を下げて、派遣社員やパート、アルバイト、専業主婦でも融資を受けることができるようになってきました。低金利で長期間借りる場合には、銀行系が適しているでしょう。

 

しかし、最短融資や新規申し込み時の無利息などの特典は、消費者金融ならではのサービスです。キャッシングを利用する際には、無理なく返済できるかどうかをしっかりと考慮した上で利用することと、複数の会社でキャッシングしないことを認識して利用しましょう。

 

消費者金融系や銀行系でも、審査の時には個人信用情報機関のデータでチェックされています。キャッシング会社から100万円以上の融資を受けている場合は、収入証明書の提出が必要となります。

 

また、複数の会社からキャッシングをして多重債務となった人に対して、おまとめローンというサービスがあります。借金を一本化することで、金利が低くなるというメリットがあります。他にも、毎月の返済額を減らせる・返済日を一つにすることができるといったメリットもあります。しかし、おまとめローンは、審査が厳しくなることと、毎月の返済額が減っても返済期間が延びてしまう恐れもあります。

 

また、おまとめローンを利用すると、銀行系だと限度額内で新たな借り入れが可能ですが、新たな借り入れをすると、おまとめローンの一括返済を求められる場合があります。

実際の申込の方法の解説

 

簡単でやりやすいキャッシングの申込について

 

申込方法として代表的なものは、次のようなものです。

 

  1. お店に来店をする申込方法
  2. 自動契約機による申込方法
  3. インターネットを使用した申込方法

 

これらの中で、特におすすめしているのは、2と3です。

 

最近は企業の側も経費を削減する意図があるのか、かなりお店の数を減らしている傾向があることと、知り合いに見られてしまうのも心配ですので、1はおすすめできません。

 

さらに、契約までに時間がかかると考えられるので、どうしても電話では支障があるような場合を除いては、やめておいた方がよいと考えられます。

 

残る2つの中で最善なのはどちら?

 

上記の2と3については、それぞれにメリットとデメリットがあります。自動契約機は、すぐにその場でカードを受け取ることができて、全国どこであってもすぐにATMでの借入ができることから、融資までの時間が短いのがメリットです。

 

デメリットとしては、審査の結果を待つ間に、自動契約機のそばで待っていなければならないということがあります。また、自動契約機は、郊外の幹線道路沿いにしか無い場合が多いので、行動範囲の中に無ければ利用することが難しいということもあります。

 

3については、携帯電話さえあれば申込ができることと、手持ちの銀行口座で融資を受けられるので、便利がよいというのがメリットですが、銀行の営業時間外は対応不可であることがデメリットになります。

 

このようなことから、2と3のメリットを合わせるのが一番よいと考えられます。つまり、インターネットで申込を行って、その後自動契約機でカードを発行し、受け取るということです。

 

このようにすれば、たとえ銀行が営業していない時間帯でもカードがあれば問題ありませんし、何より自宅宛のカード郵送がありませんので、面倒も少なく、家族に知られてしまうおそれもありません。

 

ただ、会社によって実際はどのような手続きになるかが異なりますので、一度コールセンターに問い合わせをしてみるのが最善の方法でしょう。

 

申込手続きには3つの方法があります

 

自動契約機かインターネットでの申込がおすすめです、切迫した状況ならば、両者の組み合わせがおすすめです

 

まとめ

 

申込の手続きについてはおわかりいただけましたか?自動契約機も、インターネット申込も、メリットとデメリットがあります。

 

ただこれだけは言えるのは、借入をしている様子を知り合いに見られるのだけは避けたいですよね?そうならば、早めの行動をして、インターネット上で一通りの手続きを完結させるのが、最善と言えます!

金利が低いの銀行のカードローンの問題点とは?

 

銀行のカードローンを利用したい場合には、やはり金利が低い商品を選びたいものですよね。カードローンにはとても沢山の種類があるので、色々比較してみた結果、条件がほとんど同じようであれば金利の低さを選んでしまうことでしょう。しかし金利の低さだけに惑わされてはいけないのです。

 

その理由は借りる金額や審査などに金利は左右してきてしまうとうことです。そのため金利は最低金利から最高金利が表示されているのです。その中の金利のどれが自分に当てはまるのかは審査を受けて見ないとわからなくなっているのです。また、銀行のカードローンは融資金額が高額に設定されていることが多いので借入金額が少ないと金利が高くなってしまうこともあります。

 

例えば三井住友銀行グループのモビットを見てみると、金利は4.8%〜18.0%となっています。この金利を見ると最低金利が4.8%、最高金利が18.0%となるわけです。そしてこの中から金利が決定されていくのですが、借入金額が少ない場合には最高金利の18.0%が適応されてしまうのです。そのため金利が安いといっても、借入金額によっては金利が高くなってしまうということにもなりかねないのです。

 

自分が必要としている金額に応じてカードローンを選ぶことがポイントになってくるのです。銀行カードローンのWEBサイトを確認すれば金利についての詳細を確認することができるようになっています。

 

そのため、一つのカードローンだけでなく、様々な銀行のカードローンを比較することによってより良い商品を選ぶことができるのです。一つの方法として仮審査を受けるという方法もあります。仮審査を受けることによって自分の希望にあっているかどうかが分かります。

更新履歴