消費者金融各社によって、申し込み受付時間は決まっている

受付時間ですが金融各社とも、キャッシングの申し込み受付時間は、銀行への振込み時間に間に合うように早めになっています。さらに、新規の申し込みでは、受付時間が決まっています。

 

消費者金融をご利用の際は、銀行への振込みの時間も考慮し、お金が必要な時間から計算して、早めの対応が必要です。

 

受付時間について

消費者金融各社によって、キャッシングの申し込み受付時間は決まっています。店頭窓口での受付時間は、日中の時間帯となり、会社にもよりますが15時より前になっています。

 

また、審査時間は30分から1、2時間といったところがほとんどですが、審査に手間取ってしまい、時間がかかってしまうこともあります。

 

電話やインターネットでは、キャッシング申し込み受付そのものは、24時間可能な場合もあります。ただし、審査や振込みの対応を24時間しているわけではありません。

 

いずれにしても、銀行は営業時間でも振込みに対応している時間帯が、9時から15時というのが一般的ですから、申し込んだ時間帯や処理時間によって、お金が振込まれる時間が違ってきます。

 

受付時間が過ぎた場合

受付時間の15時を過ぎてしまった場合、翌日の銀行営業時間帯に、振込み処理がされると考えておいたほうがいいでしょう。

 

受付時間が過ぎて、できるだけ早くキャッシングが必要な時は、自動契約機でカードを発行し、ATMを利用することができます。ただし、ATMの稼動時間も、最近では防犯やコストなどの問題により、24時間稼動しているものは少なくなってきており、朝から深夜の24時くらいが普通になっています。また、夜中にお金を借りるためにATMを利用
するのも、危険な場合があると考えてください。

 

受付時間を守って、キャッシングの申し込みをすることで、振込みの翌日への遅れを防ぐことができます。お金の必要な時間から逆算し、時間的な余裕を持ってキャッシングの申し込みをすることが必要です。

 

とくに注意するべきことは!

 

申し込み受付時間と、対応可能時間は全く違うということ。

 

特に、24時間受付の意味を間違わないように 、24時間振込み可能という意味ではありません。24時間受付可能というのは、受付はされますが、時間によってはすべての処理への対応が可能ということではありません。(21時まで対応するような会社もありますが、銀行が対応できないので当然お金は受け取れません。)

 

勘違いされることが多いと思いますので、注意が必要です 。 ・振り込みが翌日になることは日常茶飯事です。受付時間により、受付処理から審査、さらに銀行の対応などの都合で、お金の振込みが翌日になることがあります。

 

お金の必要な日(家賃や住宅ローンなどの支払い期日)に、お金が手に入らなくて困ったことにならないように、ご利用の際は、お金が必要な時間から計算して早めの対応が重要です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日