物事を見極めて利用するのが大切

お金を借りるのが自分ならば、責任を取るもの自分

 

キャッシングは他人からお金を借りると言う行為です。全ての責任は自分に帰ってきます。たとえ悪徳業者にひっかかったとしても、最終的に判断を下した限り、責任は自分にかかってくると考えても良いでしょう。キャッシングを利用する人の多くは、趣味にお金をかけるためという人が多いです。けれどそれは借入をしてまで必要なことではありません。むやみやたらに利用するのではなく、しっかりと物事を見極めて利用するのが大切です。

 

お金は働かなくてはもらえませんが、これは当然のことです。しかしたとえ毎日働いたからと言って自分が満足できる分のお金が手に入るわけでもありませんよね?それでも働けば働いただけのお金がもらえることは確かですし、有給休暇などのシステムも存在します。それでは具体的にお金はどのようにして減っていくのでしょうか?

 

家族を養っている人の立場なら、家庭の生活費や子どもの養育費、娯楽代などもかかります。友達付き合いの多い人には交際費や外食代、趣味を持っているのであればそれに対してのお金がかかってきます。そもそも社会で生きていくためには必然的にお金を使わなくてはいけません。

 

そのためお金が足りなくなればお金を手に入れなければなりません。貯金のある人はそれを切り崩していけば良いですが、無い人からすれば何らかの方法で一時的にせよ借りるしかありません。キャッシングの利用が当然と言うわけではありませんが、家族や友人にも迷惑をかけず、全てを自己責任で補える身近な方法となってくるとキャッシングはそれ相応の手段となってきます。

 

例外は過払いの請求のみの自己責任

過払い金などの法外なものでなければキャッシングは全て自己責任ということです。働いてお金が足りなければ、資産を処分してまでお金を返済に充てなければならないですし、場合によっては自宅や車などの高額品を手放さなくてはならないという事態にもなりかねません。また返済が遅かろうと早かろうとも利息は必ずかかってきますし、遅ければ遅いほどその金額は膨らみ、後になって返してくれと言ったところで過払い金でもない限りは、あとの祭り、申込から返済のその瞬間に至るまでの全てが自己責任ということなのです。

 

それでも利息の支払いはコントロールできます。キャッシングのことを良く把握し、早く返済を済ませ利息を増やさないことを心がけましょう。

 

  • キャッシングの責任は自分!
  • 他人のせいにも頼ることもできまない!
  • 返済までは、そのことを念頭に生活を送りましょう

 

終わりに

人は、いざその当事者になってみない限りその実感をいまいち湧けないものです。最後にはどうにかなるだろうと思っている方でも、気づいた時には全てを失っているなんてこともありえなくないのです。当然法外な要求には従う必要などありませんし、過払い金が発生した場合は権利として取り返すこともできます。

 

けれどお金を借りたのであればそれを返すのは当然ことですし、それがキャッシング利用における自己責任というものです。最終的な判断を下すのは自分自身ですので、楽観的な考えには頼らず正しい判断を下しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日